2012年02月25日

ポスタルコのバッグ





寒くなったり、暖かくなったりが、繰り返され始めたら、そろそろ春がやってきます。
こんにちは。樽井です。



今日は、ポスタルコとの、出会いの話。


デザイナーは、マイク エーブルソンと、エーブルソン友理さん。



どのくらい前か、わからないくらい以前、何かでポスタルコの存在を知って、ショップで、取り扱いたいとメールをして、その時は丁寧に、お断りを頂き、それからも、誰もが知っているパリのセレクトショップで、見たりしながら、時間が過ぎていきました。



が、ある時、あるホテルでの、仕事帰りに、たまたま覗いたショップに、ナント、ポスタルコが。


それで、
ポスタルコのバッグを、肩にかけてみました。



あまりにも、軽く、しかも、無駄のないデザイン、感動したわたしは、その場で、友理さんに電話をかけていました。


幸いにも、
友理さんは、私のことを、覚えてくださっていて、そこまで、ポスタルコを好きでいてくれるならと、ショップに置いて頂けることに。



その時の商品が、今回、ご紹介したいポスタルコのブリッジバッグ。






素材は、持ち運びやすく、軽いコットンリネン。



橋の構造が、重さを分散させていることに、注目して、強度とバランスをバッグに応用されたそうです。





持ち手の根元から、三本の芯地を縫い合わせた重力が、肩への負担を軽くするという、運ぶという、共通点から、うまれたポスタルコならではの、バッグです。



軽いバッグが、必要な時は、ぜひ。

きっと軽いバッグとの、出会いがあるはずです。



image-20120225202206.png
posted by wvision at 20:22| LIFE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。